本人による生活パターンの改善

治療のためにクリニックに通いながら、患者さん本人がその効果を高めるAGAのケア方法が幾つかあげられます。

ざっくり言うなら患者さん本人による生活パターンの改善です。

育毛効果が高いとされる各種ミネラル、亜鉛、タンパク質等をいつもの食事でなるべくとるようにします(サプリは容量に注意してください)。

それと、血液の循環を良くするよう、タバコは血管収縮作用があるので禁煙するか量を控え、入浴時にスカルプマッサージを取り入れるのも効果的です。

AGAによる薄毛が出やすい体質なのかを判断できるAGA遺伝子検査は、治療方針を立てる上で非常に有効です。

環境や体調は変わっても遺伝子は変わらないため、遺伝子検査というのは1度受ければ、結果は不変です。

男性型脱毛症の治療をしている病院であれば、遺伝子レベルでの検査は普通に受け付けているものの、まだ分からないのに病院に行くのは嫌だとか、安価に済ませたい場合は、通販の遺伝子検査キットを購入すると手間も費用も最小限で検査をすることができます。

育毛に良いとされる食べ物のひとつに、ナッツ類があります。

ビタミンやミネラルを含有量が多いので食べ続けていけると良いです。

ナッツの中でも、胡桃やアーモンドは毛を増やし、太くするのにいいといわれています。

ナッツは脂肪やタンパク質も豊富で、カロリーが高いので、摂取カロリーを考えながら食べましょう。

そして、選ぶときには揚げてある油などが上質のナッツを心がけて選びましょう。

現存している髪の毛を育んでいくというのが育毛の目的なのです。

そして、育毛剤は頭皮環境の改善や髪へ栄養を送ったり、フケや痒みを抑制するなど、丈夫な髪の育成や抜け毛の防止効果があります。

発毛という場合には、いろいろなことが原因で薄くなった箇所の髪を少しでも増やすことが目的です。

髪の毛を発生させるために、毛母細胞の活動を促進するのが発毛剤の働きですから、休眠期にある毛根から再び髪の毛を発生させるための成分が配合されています。

この二つは似ていても全く違うので、その時々で使い分けるといいでしょう。

最近では、内服薬を使って育毛している方も多いです。

内服薬と言えば、プロペシアが代表的ですが、まだまだ沢山の内服薬が存在します。

塗布するのと比較すると育毛効果を体感しやすい一方、デメリットとしての副作用が発生する可能性が高いため、心に留めておくべきだと言えます。

体に合わないと感じた場合にはそれを体感した時点で、使用は中止した方が良いでしょう。

処方を受けた医師に相談するのもいいかもしれません。

育毛するのなら髪に良い生活を心掛けることも重要ですが、本気で育毛治療を行いたいのならやはり育毛クリニックを利用するべきだと思います。

一度投薬を始めると、簡単にはクリニックを変えることができなくなりますし、植毛治療は投薬治療の数倍の治療費がかかります。

ですから、あらかじめカウンセリングの予約をして、治療内容や金銭面に信頼がおけるクリニックを探すようにしてください。

普通、クリニックはカウンセリングでは料金が発生することはありません。

長らく治療を続けていく中で、従来の生活習慣を見直すことは進行性であるAGAの症状を緩和し、育毛に適した体質に変えていく上で非常に重要です。

栄養面でいうと髪に良いものはミネラル、亜鉛、ビタミンのほかコラーゲンなどがあります。

こういった栄養素を食生活に取り入れれば、地肌の代謝促進や健康的に髪を育てていく良い手助けになり、健康的な食生活は長期的に大きな影響をもたらしてくれるでしょう。

そうは言ってもむやみに多量にとれば素晴らしい効果が出るなどというものではないですし、バランスの良さと長期間という2つが揃ってはじめて有効になると覚えておいてください。

もし抜け毛が増えたとしても、簡単にAGAだと即断してはいけません。

たとえば髪の長い人に多いのですが、あるシーズンに集中して髪の毛が抜けやすいというのは普遍的なことであってAGAではありません。

気候差も考慮しなければならないのでしょうが、多くは9月頃に抜け毛が増えたと言う相談が増えます。

それ以外にも大人であれば年間を通してだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

生活習慣が乱れたままの状態を続けていると健康的な発毛サイクルに悪影響を与えて抜け毛を増やすばかりか、回復の阻害因子となってしまいます。

育毛用のケア製品を使うことを検討されているようでしたら、従来の生活習慣をできるところから改善していくよう努めてください。

専門家に頼らなくても自分で気をつけることができるのは、食生活と睡眠の確保でしょう。

まずこの2点を念頭において過ごしていただくのがいいと思います。

食生活の偏りや睡眠不足に心当たりはないでしょうか。

ゼリー飲料やスナックだけの朝食、カップ麺にパンの昼食など、体に良くない食事の頻度は高くなっていませんか。

起きたときにまだ眠いという日が、週に何日あるでしょうか。

これらはうす毛や抜け毛にストレートに結びついてきますから、育毛のためにはぜひとも改善していただきたいです。

あくまでも乱れた生活サイクルを放置したままで、育毛剤や育毛薬を使っても、思うような効果は得られないでしょう。

それでも多少の歯止めになれば良いですが、焼け石に水ということにならないよう、せっかくなら、気をつけたいですね。

FDAが認可を出したアメリカを筆頭に、各国で低出力レーザーの育毛効果が評価されています。

人間の体の細胞を活発に活動させたり血液循環を良くすると考えられており、その実績は育毛以外の治療でも明らかになっています。

日本のクリニックも採用する所が多数見られてきましたし、業務用よりも比較的パワーが弱めの低出力レーザー育毛器も家庭用に買うことができます。

抜け毛や薄毛について考えはじめるようになってきたら、髪と地肌の健康のために、血行改善を生活の中に取り入れていきましょう。

動脈硬化や運動不足などによって血液の流れが妨げられると、きちんと食事をとっているつもりでも、髪の発毛と生育に必要な栄養や微量元素が頭皮に行き渡らないだけでなく、老廃物の排出が不充分になり、抜け毛以外にも、頭皮に深刻なダメージを与えてしまいます。

血行促進は誰にでも推奨できる育毛方法の基本です。

頭の付け根のコリをほぐし、頭皮をマッサージするなどして血流を改善させつつ、同時に、食生活を見直すことも大事です。

高脂質な食事を避け、血液がサラサラになる納豆やヨーグルトなどの食べ物を取り入れましょう。

また、積極的に運動不足を解消するよう心がけましょう。

頭皮の健康の為に、余計な脂分を持たない事は重要で、頭皮が潤っています。

頭皮への血の巡りが良くなると、髪を育てるのに適切な状態だと言えます。

頭皮を温める。

それは新陳代謝の向上にもつながり、元気な髪の成長に、大変貢献するでしょう。

ですから、血行の良い頭皮を意識して、髪を洗う時には丁寧に汚れを落とし、残さないことを意識してください。

ホットパックや、適度な力でのマッサージも効果的だと言えます。

頭皮を温めるということは、『育毛』にとって非常に大切なことなのです。

がんばって育毛剤を使ったりクリニックに通ったりというケアをするにしても、髪の毛の根底の身体が不良の状態では本来のケアの効果が現れません。

つまり、血行が良くなるような体質そのものの改善をする必要があります。

運動不足や睡眠不足の状態から脱する、シャワーだけにしないでお湯に浸かる時間を満足に確保する、タバコを吸っている人は本数を少なくする等でゆっくりですが確実に体質改善がされていきます。

髪に良い食事を摂ることで、健康的な髪の毛を育てることができるでしょう。

薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、良質なたんぱく質が含有しているものです。

髪を作るためには、良質なたんぱく質の補給が欠かせません。

たんぱく質が多い食品は、卵、乳製品、大豆といった食品です。

とりわけ、女性ホルモンに似た構造で、薄毛の原因である男性ホルモンの働きを抑える作用を持つイソフラボンが多く含まれている大豆は、育毛におススメの食べ物です。

意外にも、育毛には身体を動かすことが大切です。

適度な運動は、汗をかきやすくなって老廃物も体外に排出され、血行が良くなって新陳代謝が上がります。

こうした効果は育毛にとって大切なのです。

身体の新陳代謝が良くなるということは、細胞の働きが活性化して、ハリやコシのある豊かな髪の毛に繋がるということなのです。

でも、運動すれば髪が生えるということではなくて、あくまで育毛治療の効果を促進する効果が期待できるということになります。

AGAの治療薬としてプロペシアというものがあります。

症状のある方全員にお勧めできるものではないのですが、抗男性ホルモン剤が有効な体質であれば薄毛や抜け毛の症状の抑制に時間はかかりますが確実に役に立ってくれるでしょう。

ただ、副作用の危険性も示唆されていて、胃部不快感、性欲減退や、深刻なものでは肝機能障害が生じた例もあるわけですし、医師の指導を受けながら注意深く服用する必要があります。

メディアで大きく取り上げられている育毛用のシャンプーのCMを見聞きするにつけ、CMの内容から判断して育毛シャンプーオンリーでモリモリと髪が生えるかのように錯覚してしまうかもしれません。

しかしながら、育毛シャンプーだけの使用で髪の毛がモリモリ生えてくることはないでしょう。

これらの育毛用シャンプーがもたらす役目というのは頑丈な髪が生えやすいよう頭皮の環境を調節することであって、いきなり直接的に毛根へ作用するわけではないのが理由です。

肩こりの治療を思い出す方も低周波にはよくおられるかもしれませんが、育毛に役立てられることもあるのです。

頭皮専用として設計された低周波治療器を使うと、血の巡りがよくなりますし、毛穴からの老廃物の排出が促されるでしょう。

ただし、育毛効果が現れると言いきれない低周波治療器も、少ないわけではありませんから、購入を決める際には落ち着いて選びましょう。

育毛剤を6ヶ月~1年ほど使ってみて、効果が現れない時は別のものを使用された方がいいかもしれません。

しかし、1ヶ月や2ヶ月で生えてきたという実感がわかないからといって使うのを止めるのは、かなり早すぎます。

これといった副作用が出ていないのなら、6ヶ月程度は使うようにしましょう。

頭皮は髪を支え育てる土台ですが、その地肌は比較的多くの皮脂腺があり、汚れやすい部分でもあります。

分泌が多いと汗や老廃物と混ざって頑固な膜を作ってしまうので、においやフケを招くだけでなく抜け毛の要因になります。

従って普段から頭皮の衛生状態を良くすることは髪の健康と育毛には大事なことなのです。

適度な間隔で適度に洗うことが肝心ですが、髪に合うシャンプーを選び直してみるなど、髪と地肌のために良い方法を選択していくことによりAGAの治療を助けることができます。

どのような薬であっても、副作用について何も書かれていないような薬はありません。

残念ながら、育毛剤にも同じことが言えます。

専門のクリニックで処方されたものは薬剤師からの説明を聞き、その通り使えば副作用の心配はそれほど必要ないでしょう。

ただ、海外の商品を個人輸入で使うのであれば、前もって副作用の有無と危険性について認識した上で服用することが望ましいです。

新陳代謝を活発化させ血の巡りを良くすることは、頭皮の健全化を促し、AGAの進行防止に重要な役割を果たします。

体の冷えをとると自然と血流が良くなるのですが、運動以外では、フットバスというのはなかなか効果が高いです。

一時期女性にもブームだったので家電量販店でもフットバスマシンは売られているのを見かけると思いますが、そこそこ深さがあれば大きめのポリバケツ等でも構いません。

また、お湯に香りの良いバスソルトやハーブオイルなどを入れると癒し効果もあります。

意外に思われるかもしれませんが、漢方でも薄毛の対策ができるのです。

漢方においては、薄毛の要因に全身に巡る血が不足する血虚や、ストレスが重なって疲れが取れない状態になってしまった気虚、または、老化によって全身の身体機能が低下した状態の腎虚などを挙げることができます。

こうした不調を改善し、身体に備わっている自然治癒力を高くして体質から変えるというのが漢方を使った育毛の方法です。

基本的に、育毛剤を使った場合はすぐに効果が現れるということはありません。

早くても半年弱、1年以上使っている人もいます。

なぜ時間がかかるのかというと、ヘアサイクルという一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期と密接に関わっています。

髪の成長期が終わり、髪が伸びなくなる退行期の期間が3週間程度、休止期という、成長が完全に終わって抜けるまでの期間が3ヶ月程度あります。

この時に育毛剤を使って毛根を刺激してもその後の成長期まで発毛の可能性がないため、育毛剤での育毛には時間がかかるのです。

あの手この手でケアするよりも、全く頭皮ケアを試みない方がかえって髪の毛のためには良いのだと説もあります。

頭皮ケアとして特別なことを行わなくても、日々行うシャンプー方法を改善するだけでも頭皮の環境が良好になっていくこともあり得るからです。

石油から合成された界面活性剤を使っていない自然派のシャンプーに変える、あるいは、湯シャンというお湯のみですすぐ方法を活用しようと推奨する声もあるようです。

頭髪の成長と歩行は無関係に思われるかもしれませんが、歩くと髪の成長という結果につながります。

十分な運動が行われていないことが薄毛につながる一つの原因であると指摘されていて、歩くというようなちょっとした活動を日常的に実践することで、血の巡りがよくなり健やかな毛髪が実現しやすくなります。

気楽に始めることができる活動ですので、必ずご実践いただきたく思います。

世の中には、驚くような金額を育毛に使っている人も少なくありません。

ただお金をかけるだけでは、結果が出ないこともあるので、しっかりと抜け毛の原因を把握して、対策を練りましょう。

むやみにお金に頼るよりも結果として努力をしている人の方が育毛への近道とも言えます。

そのためにも、普段から生活習慣の改善を意識することが大切であると言えます。

数あるハーブの中には、育毛に効果があるものも存在しており、そういったハーブは、育毛剤やシャンプーに使われることも多いです。

ハーブの効能としては、まずは、頭の皮膚の環境を整え、髪の毛を正しいコンディションに戻し、髪の毛が生えやすいベースをつくるのにも有効です。

それに加え、薄毛のモトの一つである男性ホルモンの過剰な分泌をほどほどに抑えるというメリットもあるのです。

それに、ハーブの良い香りによって多くの人は心地の良い気分になることができ、抜け毛のモトとなるストレスにさらされた状態からの脱却にも役に立ってくれることでしょう。

薄毛を改善したい時に、一般的に気になるのが、毛髪や頭皮を綺麗に保つことだったり、栄養バランスの良い食事をとることなど、生活習慣に関してがほとんどであると言えます。

言うまでもなく、それらは大切なことですが、実は、寝方も育毛には密接に関わってくるのです。

仰向けに寝るのなら左右のバランスを整えるように意識すると、血流の乱れが少なくなります。

加えて、横向きで寝る時には、肝臓の重みが内臓を圧迫しないように右を向いて、睡眠中に寝返りを打ちやすい低い枕を使うのがオススメです。

世の中には育毛や薄毛ケアに対する俗説やヤラセ記事が氾濫しているので困ります。

育毛は早期にはじめるほうが効果的ですが、何が正しくて何がいけないのかを見極める知識を身につけることも大事でしょう。

手当たりしだいに手を出して、育毛効果があれば良いのですが、頭皮トラブルになったり、抜け毛が増えては意味がありませんから、科学的な理論の裏打ちがあるかどうか確認し、ひとつのサイトからではなく、複数のサイトのレビューを集めて検討してみる必要があるでしょう。

せっかく育毛するのですから、ムダにしないためにも、きちんと確認して取り入れたいですね。

自分に合わない製品や方法を、無理に続けるべきではありません。

参考:m字ならば育毛剤では市販では?